ブライドルレザーの半年後の経年変化はどう?【使用半年レポ②】

半年2半年後のエイジング①「外側編」
引き続き、内側の様子を見て行きます。
外側と違って、
ブライドルレザーを使用しているので、
違った様子を見せてくれると思います。
果たしてブルームはどうなったのか…?

外側とは違う表情を見せる別注ver.の長財布。内側のエイジングはどんな感じに?

まずは新品の【GLENROYAL ROUND LONG PURSE】の様子を
もう一回確認しておきましょう。

グレンロイヤル長財布新品 中

↑こんな感じで白い粉(ブルーム)がしっかり残っていて、
THE・ブライドルレザーという感じがしていましたヨネ。
これが半年後どうなったかというと・・・?


グレンロイヤル半年後エイジング中

おお!ハッキリ分かるぐらい変化していました!
かなりブルームが落ちて、色っぽいツヤが出てきました。
そして、ブラックの深みが増したようにも感じます。
【外側編】のパテントレザーとはまた違ったツヤで、
このブライドルレザーは「深みのあるツヤ」という感じがします。
やはり、この2種類の革を楽しめるのが、
Amazon別注財布の良いところですネ。

では、違いをもっと確認するために並べて見てみましょう。

グレンロイヤル財布エイジング新品半年見比べ

こうやって見ると、明らかに経年変化しているのが分かります。
セクシーさがアップなんというかレザーの質感が「セクシー」になった気がします。

一般的に、ブラック系の濃い色は経年変化を
感じにくいと言われています。
ですので、このような変化を感じられたのは嬉しい驚きでした。
ブラックでこれだけ変化するなら、
もっと薄い色ならかなりの変化が楽しめると思います。
もし、新しいグレンロイヤルの製品を購入するなら、
次は薄めの茶色系を試してみたいと私は考えています。



スポンサーリンク

拡大してカードポケットの様子を見比べる。多少のヘコミが出てきたのも味?

次は【カード入れ】の部分をアップして比べてみます。

グレンロイヤルブラック カードポケット部分エイジング比較

カードポケット部分はまだちょっとだけブルームが残っていました。
それでもやっぱり黒の色味が増しています。
そして、色の変化よりも違いが見えるのが、
グレンロイヤルの金色ロゴ周辺。
カードを入れて使った分、右の半年後のカードポケットの方が、
左の新品のカードポケットよりちょっと膨らんでいます。

ところで、
あなたは「革財布の使い初めはカードポケットがカタイ…。」と、
よく言われることがあるのを知っていますか?
この長財布も初めはポケットが堅めでしたが、
↑のように革が馴染んで、ちょっと膨らんでくると
かなり使いやすくなりました。
なので、レビューや口コミなどでよく見られる
「カードの出し入れが、堅くてしづらい。」というのは、
あまり気にする必要はないです。

 

さて、お次はヘコミのご報告。
拡大写真をご用意しましたのでご確認ください。

グレンロイヤル長財布ヘコみ

よく見ないと気付かないレベルですが、
ちょっとしたヘコミが発生していました。
きっと、ファスナーの持ち手部分の金属が、
当たってできたのだと思います。
やっぱりこういったヘコミは、
使っているうちにどうしてもできてしまいます。
なので、あまり神経質にならずに、
コレも一種の味として楽しむスタイルがベターだと私は思います。



スポンサーリンク

今回の最後は小銭入れ部分。一番酷使される部分はまだまだ健全?

さて、今回のこの半年後のエイジングレポート【内側編】もこれで最後です。
それでは、小銭入れ部分を新品と半年後を並べて比較していきます。

グレンロイヤル小銭入れエイジング比較

色の変化は今まで見てきた箇所と同じように、
「艶」が増したブラックとなっています。
この小銭入れ部分は一番使用頻度が高い場所ですが、
コレといった傷みもなくまだまだ健全です。
そして、購入時レポートの【内装編】で登場した、
ちょっと歪んだ縫製もほどけることなく元気です。
ですので、購入前に耳にしていた
「グレンロイヤルの財布は丈夫」という評判は間違っていなさそうです。

それでは、次回は【収納編】でお伝えした、
裏側を覗くと登場するレザーのエイジングを見ていきます。

WS000039

↑こんな感じのナチュラルな色をしていた革でしたヨネ?
では、次回の半年後のエイジングレポート↓の青ボタンからどうぞ♪

 

 

abc


グレンバナー2

コメントを残す