【半年後のエイジング①】購入時と半年使用後の外側を見比べた

CIMG0930私が使用しているグレンロイヤルの
長財布の半年後の様子を記載。
購入時の写真と見比べ、
違いが出たか確認していきます。
今回は外側の様子をお伝えします。

まずは閉じた状態を比べて見てみました。ちょっとだけ痛んだカモ?

CIMG0953(開封編のレポートでも登場した写真。)

この写真は、【開封編】で登場した袋から出した直後の写真です。
独特のツヤのある質感が、上品なオーラを放っていました。
この財布を半年使用したらどうなったのかというと・・・?



CIMG1198

はい、ほとんど変化なしでした。笑
パトントレザーとブライドルレザーの記事>でもお伝えしましたが、
【キレイな状態が長持ちする】のがこのAmazon別注Ver.のメリットです。
さすがコーティング仕上げがなされたパテントレザーと言えます。
ちなみに先日、お酒を飲みいった時に、
不注意で水の上に落としてしまいました・・・。
しかし、その影響も全くなかった様子で安心しました。

 

次は、この長財布の大事なアクセントである
外側のゴールドボタンについても見比べてみましょう。

CIMG1214

カメラの設定と環境が違うので、
色が変化しているように見えてしまっています。
実際は、購入時とあまり色は変わっていないと感じています。
(色がハゲてシルバーにならなくてよかった…。)



スポンサーリンク

続きまして、財布の後ろ側、
購入時の背面を撮影した写真を見てましょう。

CIMG0952

なぜボタンを外した状態で撮影したのかは忘れましたが、
カメラのフラッシュを反射するぐらいピカピカです。

そして、こちらが半年使用した後の写真です。

CIMG1220

こっちも最初に見た表部分と同じように、
大きな変化がなく、キレイな状態を保っていますネ。
あえて変化した部分を探すなら、
「細かいキズが付いた?」ぐらいだと思います。

 

そして今回の最後はコチラ↓

CIMG1229(半年後の折り目)

一番傷みやすいと言われる背中の折り目の部分です。
上の写真は半年後に撮影しました。
この部分もほとんど変化がないように見えます。
ただ、よ~~~く見ると若干シワ模様ができているようにも見えます。
今後目立たってこなけでばいいのですが・・・。

(購入時の写真を撮り忘れていましたので、
 半年使用後の折り目の様子しかご用意できませんでした。
 購入時と見比べることができなくて申し訳ありません。)



スポンサーリンク

【今回のまとめ】
外側はパテントレザーが使われているため、
変化はほぼ見られませんでした。
今後は、このキレイな状態をいつまで保つのか?
を注目していきたいと思います。

さて次回は、
このグレンロイヤルの長財布の半年後の内装の様子を見て行きます。
内装にはブライドルレザーが使用されているので、
今回よりも変化があって楽しい?と思います。

 

 

abc


グレンバナー2

コメントを残す